荷造りの基本

荷造りの順序につい

て説明

たくさんの荷物

最近では引越し業者さんに荷造りを任せる人もいますが、自分で荷造りをしたほうが安くなるのでできれば自分たちのものですから荷造りした方が良いでしょう。

 

この時に荷造りするポイントなのですが順番があるのです。
まず部屋の奥から荷造りしていきます。
そして更に普段使わないもの、シーズンオフで今は使わないものから荷造りしていってください。
そうすれば早めに荷造りに取り掛かっても困りませんしスムーズに進行させることが出来ます。
奥の部屋から荷造りすることによって荷造りした箱を置いておいても生活に支障は出ません。
もしくはあまり使わない部屋から取り掛かるようにすると良いでしょう。

 

この方法でやっておくと当日、慌てることなく荷物の搬出が出来るようになります。

 

荷造りの時に普段使わないものはテープで封をしても平気ですが、普段使うものに関しては箱に入れておくだけ入れておいて引越し当日に封をするという対策で生活をすると良いでしょう。
割れ物には赤のマジックで「ワレモノ注意」と上と側面に書くようにしてください。
だからといって全部、当日に封をするのは大変なので開けておくのは使うものだけに限定して荷造りをしていくようにしましょう。

 

またよく使う荷物の箱は違う色のテープで封をして目印にしておくと到着後開梱が便利になります。

 

 

荷造りの省力化

ひさしぶりの引っ越しをしたので、引越しの準備は万全にしなくちゃいけないといろいろ考えましたがいろいろ簡単になっているものがあってびっくりしました。

 

荷造りする女性

エコラクボックスのように、何度もつかえるけれど、われものなんかをいれればわざわざ梱包しなくてよくなっているものがあったり、靴などかさばるものとかをいれる専用のボックスがあったり、考えた

人ってすごいと思うような、エコとして使えるものがたくさんでてきているので驚きました。

 

もちろん、普通のダンボールにつめるという作業はしないとできないわけですが、それでも包むものもわざわざ、昔のようにプチプチになっているものというよりは、軽く包んでいれるというのでいいようでそれがやりやすくて、引っ越し作業も思ったよりどんどん進めていくことができました。

 

ひとつひとつそんなに丁寧にいれなくても、また出して配置するのだから、ということを考えてものすごく丁寧に扱いたいものいがいは適当にやることが疲れないなとすごく思いました。

 

昔は、ひとつずつ丁寧にやっていたら、ものすごいつかれて最後のほうにはへろへろになってしまったときがあったので、適度に楽して引っ越しという感じをモットーに引越しの準備を
するのがいいようです。
もちろん、お金を出せば全部梱包からやってもらえるのもあるようですが、なんだか人になんでもさわられるのもいやなので、やはり自分でやりたいものなのでいろいろ工夫が必要かと思います。また引越しがあるときにはよりよい引っ越しができるようにできたらなと思います。

 

 

荷造りのアイデア

結婚前も結婚後も転勤族で、義父の定年までに16回の引越し経験を誇る我が義母上から聞いた、引越し準備生活術?をお話します。
実際、我が家の引越しの準備にすごく役立ちました。

 

アイデアはこれだ

それは、「部屋ごとに荷造りをする。種類別とか用途別とか細かいことを言わない」

ということ。
もうひとつは「キャンプ生活のつもりで、普段の生活を引きずらないこと」。

 

とにかく部屋ごとの荷造りにしてしまう、というのは本当にスピーディです。
食器類などキッチンにも居間のサイドボードにもあるけれど「食器用」の箱にしてしまうと出す時整理しなおしになって大変な目に遭う。
「キッチンのどの棚に入っていたもの」「サイドボードのもの」など、そっくりそのまま荷解きできる様に詰める。
誰かに手伝ってもらうにしても、これなら指示が要りません。
義父が教員だったので、教員の奥様方がお手伝いに見えるのでこの方法が手っ取り早かったんだそうです。

 

もうひとつは
「最後の1週間は捨てるもの中心に使って生活する。服とかタオルとか。
 お皿なんか紙皿でOK。日数分のパック詰めご飯を用意すればお米や炊飯ジャーも早々に荷造りできる。
 キッチンを如何に攻略するかがポイントだから、普段通りの食事は期待しないように家族に言うのよ!」
…です。お義母様さすが。本当に、これで乗り切れました。"

 

本、布団、衣類などの荷造りのコツ

ここでは、衣類や布団の荷造りのコツについてお知らせします。

 

 

引越しの際に段ボールに衣類を詰めてしまうという人も少なくないのではないでしょうか?
しかし、そうすると、引越し後の荷解きが結構大変です。

 

子供の洋服

それで、おススメな方法は、コートやスーツなどはハンガーにかけたまま運ぶという方法です。

ほとんどの引越し業者が、ハンガーボックスというハンガーにかけたまま梱包できるボックスを持っていますので必要な数を用意してもらうといいでしょう。
そうすると、シワにもならず便利です。

 

また、タンスの中の衣類もそのまま運んでもらえることも少なくありません。まずは、引越し業者に相談して、OKが出たらそのまま運んでもらった方がかなりラクです。
プラスチック製の衣装ケースも、そのまま運んでもらえることも多いので、段ボールに付け替える前に業者に問い合わせてみましょう。

 

 

布団は、一般的に布団袋に入れて運びます。
布団袋がない場合は、引越し業者に用意してもらうことができます。
荷造りのコツとしては、軽い布団から積み重ねていって布団袋を最後にかぶせるようにすると、上手に梱包できます。

 

また、市販の布団圧縮袋を使えば、グッと持ち運びもラクになりますし、体積も減らせるのでおススメです。

 

家電やパソコンの荷造り

引越しの際に気を付けないといけないのは、衝撃に弱い電化製品の梱包です。
特に、パソコンやテレビなどは荷造りをしっかりとしておかないと故障してしまうこともあります。

 

 

パソコン

ここでは、テレビやパソコンの荷造りの注意点についてお知らせします。

 

テレビは、もし購入時の箱が残っているならそのまま利用するのがおススメです。
購入時に入れてあった箱は、多少の衝撃にも耐えられるようにできていますから、引越しの時の荷造りに使うことができれば、それがベストといえます。

 

とはいえ、購入時の箱はすでに処分してしまったという人も少なくないでしょう。
その場合は、毛布やバスタオルなどを使って梱包するのがおススメです。
毛布などでテレビ本体を包みこんだら、大きめの段ボールに詰めます。段ボール内にはタオルや新聞紙などを詰めるなどして、隙間がないようにしましょう。
そして、段ボールには「精密機器」と側面と上部に記入しましょう。

 

 

パソコンはテレビなどと比べて衝撃に弱いので、荷造り時は特に注意が必要です。
購入時の箱を利用するのが一番ですが、もし箱を処分してしまっている場合は、テレビと同じ方法で梱包することになります。
段ボールには「精密機器パソコン」などと記入して取り扱いに注意してもらうようにします。
万が一の場合に備えて、必ずデータはバックアップしておくようにしてください。
パソコンの修理に際しては、データが復旧できないということが少なくないからです。

台所用品の荷造りテク

一番破損する恐れのあるものが多い場所、それが台所なのではないでしょうか。
こういった台所用品の荷造りは、一層注意が必要です。
しっかりと、お皿やコップはひとつひとつ、エアキャップなどを活用し丁寧に荷造りをすることが大切です。
ダンボールにも、割れ物だとわかるようにすることにより、引越し業者もより丁寧に運んでくれるかと思いますよ。

 

キッチン

また、包丁など危険の伴うものも、しっかりとくるむことが大切です。

そして困るのが調味料。調味料などのビンは割れてしまうと中身もこぼれて大惨事になりかねません。
しっかりとフタを閉めるのはもちろんのこと、ビニール袋などにいれてから梱包することにより、そういったダメージを防ぐことができるかと思いますよ。こちらももちろん、調味料が入っているということをわかるようにダンボールに記載しましょう。

 

意外と台所用品の荷造りはこのように神経を使うものです。
できることなら、調味料などは使い切ってしまい、新居に行った際に購入するのが特におすすめ。
これなら衛生面的にも、より一層安心して使うことができるかと思いますし、何よりも新しい調味料でスタートさせる新居の台所。
わくわくすると思いませんか。
これに付随して、キッチン道具も不要なものは処分してから新居に引っ越すと良いと思います。

 

お風呂やトイレなど水回り品の荷造り

引越しを決めたからといって、やみくもに荷造りにとりかかってはいけませんよ!
やはり引越しの日取りなどを考えると、どうしても直前まで使用するものやそうでないものといった区分がつきもの。

我が家のトイレには

日ごろから良く使う、バストイレ用品などの荷造りは、荷造りの中でも最後にやるのが良いかと思います。

そうしなければ、「やっぱり必要だった!」何てせっかくまとめた荷物の中からまた取り出さなければいけない状態になってしまいますからね。
しっかりと気をつけなければいけません。
また、バストイレ用品の荷造りで注意したいのは、液漏れ。荷物を運んでいる途中で液が漏れてしまわないようにしっかりとフタを閉めたり、袋に詰めてからダンボールに入れると良さそうです。
また、水濡れ状態のままダンボールに入れるのではなく、しっかりと水をふき取ってから入れることも大事ですよ。
もちろん、「まぜるな危険」などと記載されている洗剤等の扱いにも気をつけてくださいね。
新居に付いたときにもすぐどのダンボールに入れたかわかるようにしておくと、新居で使用するときも便利かと思いますので、こういった工夫をするとなおよいと思います!
これで、新居についてすぐ必要になった際にも、すぐ出すことができかなり楽チンですよ。
やはり、バストイレ用品の荷造りはそれくらい配慮すると、後々スムーズです。