市町村役所での手続きは

引越の時にはいくつかの手続きが必要になります。その中でも特に大切なことが転出及び転入届ですね。
引越しの際に、役所ではどのような手続きを済ませればよいのでしょうか。
今一度、役所の手続きについてもチェックをしてみましょう。

役所では、旧居では転出届、新居では転入届をすることが必須です。
ではそんな転出届。どのくらいの時期に済ませておけばいいのかといいますと、引っ越す前後14日以内に済ませる必要があるようです。
これは法律で定められているので、注意が必要ですよ。
ただし同一市区町村内ですと、転居届を出すだけで住民票の住所の変更は終わりなので、楽にすみます。
ただ、どうしても自分で転出届を提出することができない!そんな場合もありますよね。
そんな時でも大丈夫。しっかりと委任状を用意することにより代理人に手続きを依頼することができます。
また、もうひとつの手として郵送で転出届けを提出することも可能なのだとか。
これなら、よりスムーズにしっかりと14日以内に提出することができそうですね。
最後に転入届ですが、転入届けも同様に14日以内に提出することが大切です。
しっかりと手続きをしないと住所不定になってしまうそうなので、注意が必要ですよ。
やはり役所の手続きは、面倒だからといって後回しにせずに、忘れないうちにきちんと手続きをすることが何よりも大切です。

 

車に関する手続き

引越しの時に自家用車がある場合は、それらの手続きが必要になります。いくつかの書類提出が必要になるのでそれなりの時間が取られてしまいます。
車やバイクなどを所持している人は引越しの時に必要な手続きが増えます。
免許証や登録変更の手続きがあるのです。
まずは免許証です。
役所などで新しい住民票をもらってから行きます。
所轄の警察署や免許センターなどで「運転免許証記載事項変更届」を出してください。
住民票と一緒に印鑑も持っていってください。
写真も必要な場合もあるので念のため持っていくと良いでしょう。
もし更新期間の時に引っ越した場合は同時に手続きをするので住民票が必要です。

忘れないように

登録住所の変更なども必要に応じて手続きします。
警察署で車庫証明の申請をしてください。
もらってから運輸支局で車検証の変更の手続きをします。
手続きには車検証と車庫証明、印鑑、住民票です。
登録代金もかかります。
地域によって違いがありますが数百円ほどです。
ナンバープレートの変更は車も持ち込みで手続きします。
この時、手数料で2000円ぐらいです。

 

軽自動車は軽自動車検査協会で手続きしてください。
軽自動車税申告書と印鑑、住民票が必要になり、場合によっては保管場所届出も必要になるときがあります。
手数料などで1500円ぐらいです。

 

バイクで126cc以上のものは陸運支局に届出ます。
車検証と住民票、印鑑が必要です。

 

原付は役場でナンバープレートを返して廃車申告受付書をもらいます。
引越し先の役所で手続きしてください。
廃車申告受付書と免許証、印鑑が必要になります。

ライフライン電気・水道に関すること

電気・ガス・水道などの手続きは旧居と新居の2カ所で行う必要があります。基本的には時間がかかる手続きではありませんが、忘れずに行うようにしましょう。
ライフラインにかかわらず手続きも引越しの際にはお忘れなく、まずは旧居では引越し日には必ず電気・ガス・水道が止まるように、それと同時に新しく住むところでも使えるように事前に手続きを済ませておくことがポイントです。

電気料金は電話での手続きの他にもインターネットからも使用開始と使用停止の手続きができるようになっていますので、パソコンやスマホになれている方ならこちらを使ってやることもOkです。もし自信がないのであれば従来通り電話で手続きをしたほうが簡単だし確実でしょう。その際には、名前や住所などの他にも契約種別と契約番号も伝えなければなりません。こららの情報は毎月の電気料金領収証に載っていますので、それらを見ながら手続きを行ってくださいね。
引越し当日に電気会社の担当者がやってきて、メーターを確認して最終月の電気料金の精算を行っていきます。

 

ガスの手続きについては電気と同様に電話やインターネットから行うことができます。手続きの際にはお客様番号が必要になります。この番号やガスの検針票に載っていますので、手続き時には手元においておくようにしましょう。またガスは通常本人立会いの下でガスの開栓作業が行われることになりますので、忘れずに連絡を取って間違いなく行われるようにしましょう。

 

水道の使用停止と使用開始についてはどちらも居住している市区町村役所に連絡をして手続きを行います。

 

これらライフラインにかかわる手続きについては、通常は全部インターネットか電話で住んでしまうものなので、時間や手間がかかりませんので、その分忘れずに計画を立てて行うようにしましょう。

 

引越をした後にしなければならない手続き

引っ越しの際には公的な手続きなど、引越し前だけでなく、引越しが済んだ後にもやるべき手続きがありますので、忘れないようにしましょう。
無事引越しが終わってほっと一息。

手続きがわからない

これでもう新居の生活は安心ね♪

何て思う人も多いかもしれませんが、まだまだやることは終わっていませんよ!
しっかりと引越した後の手続きもスムーズに終えて初めて新居の生活のスタートを切ることができます。
あと一息、頑張りましょう!

 

意外と公共機関への届出は、14日以内と期限が定められている多いので期限内に迅速に済ませることにしましょう。
また、住所変更も早めのうちに行っておかなければ新居ではなく旧居に届けられることになり、トラブルの元になってしまいます。
自分が何の手続きを後は済ませればいいのか、しっかりともう一度身の回りを見渡してチェックしてみてくださいね。
国民年金の登録住所変更手続き、国民健康保険手続き、さらには各福祉関連の手当に関するもの・・・。
意外と実に人によっては様々な変更手続きをしなければいけません。
このように、ライフラインを整えることは引越し後には必須条件。
しっかりと自分の生活をチェックし、引っ越した後の手続きもお忘れなく。
最初はめんどくさく感じるかもしれませんが、最初にこれらの手続きを済ませてしまうと後々とてもスムーズに生活できてよいですよ。
わたしも最初はめんどくさく感じましたが、一気にしっかりやっといてよかったと今では思っています。